2021年12月13日に育苗箱からプラポットに植替えをした時に紹介していた実生の唐楓を植替えてみました
InShot_20220924_173008920

前回の記事と比べると分かると思いますが
その年に新しく出来た根の感じが違います
InShot_20220924_173101081

この状態は円盤状になってますが底は軽く切って座りを良くしてます
去年との違いは今年新しく出たのは使える根がほとんど去年のように太い走り根がほとんどないです
InShot_20220924_173019806

この後に更に根の処理をしますが根張り部分は去年よりも2センチ程広くなってます
InShot_20220924_173131255

簡単に切った状態で底根はこんな感じ
見ただけで根処理が楽そうだと分かります
セルクルで形を整えながら揚げたかき揚げみたいですね
ただ底に向かって伸びる根っこの中には少し強いものがあるのでそこはこの後に丁寧に外します
InShot_20220924_173212343

上から見ても一目瞭然
InShot_20220924_173249881

根張り、立ち上がりをこれ以上大きくしなくても良いなら根っこは使う鉢に合わせて切り込む位置を変えるくらいで良いと思われます
InShot_20220924_173328591

まだまだ大きくしたいので今回も強目に根処理してます
InShot_20220924_173401377

こちらの小根が少ない部分も全体を強目に追い込んだ事で次には増えてると思います
InShot_20220924_173430932

去年叩いた部分も予想よりは塞がりが良くなかったですが時間の問題でしょう
InShot_20220924_173503425

去年2箇所出来た叩き傷の低い位置にある方はほぼ塞がってます
InShot_20220924_173537980

去年深く切り込んだ走り根の傷は塞がってます
去年のように処理後に大きな切り口が今回はありません
それだけ太い走り根が外周になかったという事
InShot_20220924_173613970

上下重なるようにあった太い走り根を切り詰めた2つの大きな切り口も今ではこんなに綺麗に塞がり裾野状に広がる足元を形成する一部になってくれてます
 
 
1年経たずに根回りの状態はこれだけ変化します
これは2019年実生ものだったかな?
そうなら発芽してから3年半ですね